高坂凪穂の民俗学

民俗学❌哲学❌歴史❌文学

ゾンビ禅:ゾンビが語る禅のココロ/平野純

◎内容紹介

必見!
目が飛び出る面白さ!
仏教と現代思想に精通した平野純氏が、
ストレスと戦う現代の戦士たちに贈る、
珠玉の社畜サバイバル格言集!

◆第1章 やる気がでる言葉
◆第2章 悩みが消える言葉
◆第3章 ふっきれる言葉
◆第4章 自分らしくなれる言葉
◆第5章 強くなれる言葉

◎著者紹介
平野純
仏教研究家。

東京生まれ。A型。いて座。

紙の書籍として、『怖い仏教』(小学館新書)、『ブッダの毒舌』(芸術新聞社)、『裸の仏教』(同前)、『村上春樹と仏教』『村上春樹と仏教Ⅱ』(楽工社)、『謎解き般若心経』(河出書房新社)、『はじまりのブッダ』(同前)等、電子書籍として『ゾンビ禅』シリーズがある。

 第1章「やる気がでる言葉」の「生も死もない 不生不滅」から超剛速球なストレートな言葉が炸裂!
 「対価を求めない 無欲は大欲に似たり」で、「ゾンビ」と「禅」の関係が少し理解出来ました。
 最後に相田みつをの言葉で終わる構成は素晴らしいと思いました。
 勉強になる言葉が次々出て来て、ポピュラーハイライトをバンバン引きましたし、禅の凄さを実感させられました。
 「ゾンビ」と「禅」のパラドックスこそ、私達が生きている世界なのかもしれませんね。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ